春風学寮の目的と基本精神

写真 春風学寮の目的は、人を愛し、人から愛される人格を寮生の心に育むことです。春風学寮はそのような人格を育成することが真の社会貢献と真の幸福の実現に寄与すると考えます。この目的を達成するため、東京近郊の大学や大学院に通う学生たちに安価で快適な食事つきの宿舎を提供し、聖書を初めとする様々な古典に関する講義・講演を開催します。また学びが人格形成に結びつくように話し合いや共同作業を奨励します。その際、特に重視されるのは、信頼関係です。真の人格的学びは、互いを尊重しつつ、心を開いて正直に語り合うことのできる信頼関係の中でこそ成し遂げられます。春風学寮は、関係者全員の間で、そのような信頼関係が築かれるよう心がけつつ、事業を運営しております。


公益財団法人 春風学寮について

写真 公益財団法人・春風学寮は1929(昭和4)年、明治、大正、昭和期のキリスト教指導者、内村鑑三、塚本虎二の流れをくむキリスト教(無教会)精神を土台に、「神を畏れ、学を励み、自治協同の精神を養い、併せて寮生相互に愛と信頼を厚くする」ことを目的として設立され、非事業的、非営利的経営により今日まで運営されている男子学生寮です。創設者の道正安治郎氏は若き日における1912年からの6年間におよぶアメリカ留学中に、YMCAの学寮(フラタニティー)の指導者ストウジ博士と出会いました。その学寮において学生たちが自由と自治の精神のもと健気あふれる楽しい有意義な共同生活をおくっていることに感銘し、いつしかこのような学問と人生の学びを骨子とする学寮を日本にも建てたいという希望をもって帰国しました。そしてその時機(カイロス)が到来し、1929年に満鉄を辞して多賀夫人の協力のもとに、私財を投入し、満鉄の援助を受け、東京世田谷に春風学寮を創設いたしました。設計者は近江兄弟社のボーリス博士でした。春風学寮は、とくに創設期には旧満州に居住する満鉄社員の子弟が東京で勉学する際の学寮としての役割を果たしました。以来、戦中に道正氏は平和を希求する発言を当時の特高に傍受され、そのため治安維持法違反の嫌疑をかけられ、投獄されたこともありました。戦中の困難な時期を乗り越え、春風学寮は数多くの若者たちに青春の豊かな出会い、健康的で清らかな共同生活、協同の学び、純粋なキリスト教の伝達の場を提供して、今日に至っております。1984(昭和59)年4月には、新しい鉄筋の寮舎に建て替えられました。2012(平成24)年4月1日に春風学寮は公益財団法人の認定を受け(とくに育英事業と奨学事業が高く評価されました)、新しい出発を遂げております。